ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

生活していれば、荷物が増えていくのは多くの方に共通していることです。荷物が増えてしまう理由としては、もらい物で捨てられない荷物が多いということもあれば、思い出の品だから捨てられないというケースも見られます。そのような捨てられない荷物が多い場合には、無理に捨てることについて考える必要はありません。捨てるのではなく、収納場所を増やすようにしましょう。

収納場所を増やすためには、荷物を収納するスペースであるトランクルームをレンタルするのも1つの手です。トランクルームは高いのであまり利用したくないと考えている方もいるかもしれません。ですが実際にはそのようなことはなく、元住吉でおすすめの月々1000円台から利用できる格安の収納スペースも多く存在しています。

賃貸物件に住んでいる方であれば、今の家賃に2000円プラスすることで、どのくらい部屋が広くなるのか考えてみましょう。賃貸物件では家賃を2000円増やしたくらいでは、スペースはあまり広くありません。ですが月に2000円で収納スペースを増やすだけでも、部屋を広く利用できるようになるのです。

収納スペースは0.5帖ほどのスペースから6帖ほどのスペースまで、さまざまな広さを選択できます。そのため自分がどのような荷物を収納したいのかという点に応じて、サイズを選べます。自分にあった収納スペースを利用して、効率的にトランクルームを利用できるようにしましょう。

トランクルームの使い方

実際に元住吉で格安のトランクルームを利用するとしたら、どのような使い方ができるのか把握しておくことも大切です。例えば実際に使っている方の活用方法を参考にすることで、自分もより良い使い方をすることにつながります。

例えばレンタルしたトランクルームの活用方法の1つとして、特定の季節にしか使わないものを収納するという選択肢があげられます。冬物の厚手のコートや暖房器具、もしくは夏のキャンプ用品などはその季節にしか使わないものです。特定の季節にしか使わないため、そのほかの季節は家にあってもスペースをふさぐだけになってしまいます。そこで収納スペースを利用することで、使わない時期でも家のスペースを占領することはありません。

また子供がいる家庭では、子供のものを収納しておくのも1つの手です。例えばベビーベッドやベビーカーを購入したものの、子供が大きくなったら使いません。ですが次の子供ができたことを考えると、購入したものを捨てるのをもったいないと思う方も多いでしょう。そのようなとき、次の子供ができるまでトランクルームにベビーベッドなどを収納しておくことも可能です。

ほかにも収納スペースの活用方法には、元カレとの思い出の品をしまっておく、子供の作品を保存しておくなど人それぞれの使い方があります。必ずこのように使わなければならないという決まりはありません。そのため自分だったら何を収納したいのか考えて、自宅の荷物を整理するようにしましょう。

トランクルームの種類

トランクルームの利用を考えるときには、屋内型と屋外型の違いを把握しておくことも大切です。2つとも同じ収納スペースなので違いはないと思っている方もいますが、さまざまな違いが存在しています。それらの違いを考慮することで、自分にあった収納スペースを選択することにつながります。

例えば収納する荷物を考えたとき、楽器など温度や湿度の変化に弱い荷物がある方もいます。温度や湿度に弱い荷物は、保管状況が悪いと荷物が劣化してしまうかもしれません。荷物をより良い環境で保存したいという方は、空調の設備にも注目するようにしましょう。例えば屋内型のトランクルームであれば、空調の設備が整っているケースが多くなります。

また荷物の量が多いため、できる限り安い費用で広いスペースをレンタルしたいという方もいます。そのような方は、元住吉で格安のスペースをレンタルするために、屋外型を選択するのも1つの手です。屋外型の場合、屋外に設置してあるコンテナを収納スペースとして活用しています。駐車場の一部などをコンテナの設置場所として利用しているなどの関係で、安くレンタルできるケースが多いのです。

ほかにも大切な荷物を収納するからこそ、セキュリティの問題が気になるという方も多くいます。セキュリティ対策については、屋内型のほうが優れている傾向にあります。収納スペースがビルの1室などのため、ビル全体で警備員の巡回などセキュリティ対策がしやすいのです。

トランクルームの選び方

トランクルームを借りるとき、元住吉で格安の収納スペースならどこでもいいと思う方も多くいるでしょう。ですが安く借りられるのかという点だけではなく、利用しやすいのかという点を考慮することも忘れてはいけません。利用しやすい場所を選ぶことによって、使い勝手のいい収納スペースを選ぶことにつながります。

使い勝手のいいトランクルームの選び方として、場所に注目することも大切です。どれだけレンタル料金が安いとしても、家から遠い場所だと行くだけで面倒な思いをするかもしれません。また実際に荷物を運搬するとき、車を利用する方も多くいます。車を利用するとしたら、車で行きやすい場所にあるのかという点も含めて参考にするようにしましょう。

またトランクルームは荷物を収納するスペースだからこそ、収納スペースの広さを考慮することも大切です。最初にどのくらいの荷物をしまいたいのか整理して、そのために必要なスペースについて考えます。レンタル料金は、借りたスペースが広いと高くなります。そのため借りたスペースが余ってしまうと余分な費用がかかります。余分な費用をかけないようにするためにも、ぴったりの広さを選択するようにしましょう。

ほかにも収納スペースを利用するにあたって、セキュリティ対策や荷物の出し入れのしやすさ、空調の有無もチェックポイントです。特定のポイントだけではなく、複数のポイントを総合的に考えることで、より良い収納スペースを選ぶことにつながります。

トランクルームに必要な費用・料金

実際に激安 トランクルームをレンタルするとき、考えなければならないのは月額料金だけではありません。必要なお金としては、月々に支払うお金だけではなく、初期費用が必要です。

初期費用は、契約時に支払うことになるお金なのですが、内訳としては敷金礼金や事務手数料、鍵代などがあげられます。内訳の項目が同じだとしても、支払う額は契約する業者によって異なるので注意が必要です。これらの費用が月額料金の3ヶ月分ということもあれば、5か月分ということもあります。契約時に支払う額が少ないほうが、トータルで安く利用できるという点を把握しておきましょう。

また元住吉で格安のトランクルームをレンタルしたいとき、初期費用は節約できます。実は敷金礼金は、必要な業者もあれば支払わなくてすむ業者もあるのです。敷金礼金が必要ないだけでも、契約時に支払うお金が減るため、トータルで考えると費用の節約につながります。

ほかにもトランクルームに関する費用として、更新料もあります。更新料とは、収納スペースの契約を更新するときに必要となる費用です。契約時と同じくらいのお金がかかることもあるので、更新料まで考えて格安か考えるようにしましょう。

安く利用できるかも大切な問題といっても、それ以外の問題も総合的に考えることが大切です。収納スペース選びで迷ったら、口コミを参考にすることもできます。さまざまな情報源から、自分にあった収納スペースを選ぶことが大切です。